癇癪持ちの人は医療レーザー脱毛ならできる

癇癪持ちの人は医療レーザー脱毛ならできる
人はそれぞれにいろいろな体の不調を持ち生きています。それが時には病的な人もいます。脱毛サロンで脱毛を受ける時には特定の病気を持っている人は施術を断れる事があります。その一つが癲癇です。癲癇がある人はサロンでは施術は受ける事はできません。しかしクリニックでなら脱毛ができます。

脱毛サロンでのルール

脱毛サロンにおいてはカウンセリングの時に、服用している薬や治している最中の病気などを聞いてきます。その病気などにより施術をする事ができない場合があるために、サロンとしては確認しておきたいのです。
そしてもしお客さんが癲癇を持っている人なら、施術を断ります。でも、医療行為ができないサロンからしたら、これは当然の事です。なぜなら突然倒れたりしたら、その対応に困るからです。

癲癇はなぜ起こるのか

癲癇が起きる理由は脳の電気信号の乱れによるものです。また癲癇には光や熱などの刺激に対して敏感になる光感受性発作と呼ばれる熱性けいれんがあります。この光感受性発作というのは、その言葉の通り光の刺激を受けた時に起る癲癇発作の事です。

脱毛サロンで行われる光脱毛や施術の時に起きる熱刺激は光感受性発作を起こす原因になります。

医療レーザー脱毛なら大丈夫

脱毛サロンにおいては施術を断れますが、癲癇持ちの人でも美容外科クリニックの医療レーザー脱毛なら受ける事ができます。医療の知識がない脱毛サロンにおいては癲癇が起こると、対処できない事から施術NGになります。
しかし、クリニックなら専門知識を持つ病院ですし、そこで働いている人は看護師や医師です。医療的な観点から脱毛施術をしてくれます。多くの美容外科クリニックで施術を受ける事はできますが、お勧めは全国にあるSBC湘南美容外科クリニックです。

癲癇持ちの人の施術実績も豊富です。それにサロンのようにコースも充実しています。もしも、男性医師に相談するのが恥ずかしいなら、女性医師がいる病院を探すといいでしょう。癲癇の人でも脱毛を諦める必要はありません。

ここも一緒にどうぞ⇒医療脱毛を比較してみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です